» 未分類のブログ記事

こまめに行いたい、車の内部清掃。なんてことはない汚れやシミも、時間が経つにつれて取れにくくなってしまうものです。また、汚れたままでは乗り心地も良くありません。

 
基本的にはパネル回りなどは軽く水拭きをし、外せる部分は外して掃除をすると楽でしょう。計器の周囲が汚れると、数字などが醜くなってしまうので特に気を付けたいところですね。見落としがちなのはシートの下ですが、意外と砂やほこりが溜まっていることがあります。

 
カーマットも取り外し、洗剤を使って洗いましょう。洗うのが面倒だな、と感じる人は、別にビニールマットを敷いておくと汚れにくく楽ですね。きちんとすすいで天日干しにします。
シートも、思った以上に汚れているものです。しかし、丸ごと取り外して洗うのは少々無理がありますね。予め市販のシートカバーをかぶせておけば、カバーを外して洗うだけですので手軽にさっぱりできます。

 
また、臭いが気になる時にはエアコンの清掃をお勧めします。やはり、どんなに車内を綺麗にしても、エアコン内に汚れが付いていれば臭いの原因となってしまいます。本格的にやろうと思うと業者に頼む形になるのですが、最近はスプレータイプの専用用具も販売されていますのでそれを使用してみてもいいでしょう。

 

 

 

 

 

洗車について

| 未分類 |

車をいつも綺麗で清潔に保つには、洗車が必要不可欠です。しかし、車の汚れを落とすコツは多く紹介されていますが、「洗い傷」を防ぐ服装や道具の選び方は意外と知られていません。車の塗装は意外なほどデリケートなものです。道具の選び方や下準備のやり方を守らないと、車の手入れ中に傷をつけてしまいます。自分の肌に触れる物を慎重に選ぶように、車を洗う道具にもちゃんとした物を選びましょう。

まず、車の手入れをする前に服装を確認します。作業中は思わぬ形で車に傷をつけてしまいがちです。原因になりやすい指輪・ネックレス・腕時計等は必ず外し、金属のファスナーやボタンのついたジャケット・ズボン等の着用もできれば控えておきたいものです。余裕があれば、柔らかい作業服を一着手に入れておけば汚れが気にならず、車を傷つける危険も少なくなります。

作業をする道具として、必ず使うのがスポンジです。できるだけ大きく柔らかいものを選べば作業しやすく傷も付きにくくなります。拭き掃除に適したクロスは吸水性の高いものです。力を込めずに使えますから、傷の予防になります。

実際に車を洗う際は、まず水をかけて表面の砂や泥を落としましょう。いきなりスポンジで拭き始めるのは、研磨剤を擦りつけるのと同じことです。洗う際はまずタイヤやホイールといった汚れの多い足回りから行う事になりますが、ホイールや素材の部品に注意してください。アルミや樹脂といった素材は硬いブラシで擦ると傷の原因になります。

汚れは目に見えやすく取りやすいものですが、傷は思わぬ形で発生して直すのにお金が沢山かかります。車を綺麗に保つ上で、汚れだけでなく、傷のリスクにも気を配りましょう。

車のメンテンナンスについては、直営店とメンテンナンス契約を結ぶのが無難ではないでしょうか。
特に新しいものを求める場合は、直営店で契約することとなりますが、3年間の保守費用をかなりリーズナブルな価格でやってくれますので、大変お得になります。

 
もちろん、メーカーによっても異なりますので、よく検討する必要はありますが、一般的な例で示すと、最初の期間法定点検までの間、1年ごとの法定点検はもちろん、その間に当たる半年点検も行われ、これら場すべてパックに入っています。オイル交換も無料であり、嬉しいことに内部の清掃や外を洗うことまでもサービスで入っています。もちろん、保証対象のものは無料ですが、そうでないものは有料にはなります。

 
よく確認すれば、モーター回りをカバーする保険とかもいろいろありますし、カードに加入すると交換部品割り引きの制度などもあります。最初の期間法定点検に臨むときによく確認し、さらに2年間の保守サービス契約を結ぶと、半年ごとの点検をしないとして計算しても、おつりがくるという結果になり、急いで新規の保守契約を結び得をするケースもあります。

 

いずれにしても、一番お得なケースは、ガソリンスタントや部品専門業者との比較も含めて、直営店で相談すれば、率直に説明してくれます。あけすけに相談することが何よりです。

 

 

 

 

 

交通事故は交差点の直進車と右折車、信号のない交差点での出会い頭、など様々な状況で起こります。車線変更時の事故というものも大変多い事例と申せましょう。これは、しっかりと前方の状況、後方の状況、さらには車の死角への意識がなされていないことが要因です。高速道路や片側二車線以上の道路を走行している時に車線を変更する場合には自分の車の前後左右の状況をよく把握していなければなりません。

 

まずは前方の車との車間距離と、変更する車線の前方の状況を把握し、次にルームミラーとドアミラーで後方と左右の状況の確認。そして、決して忘れてはならないのは、死角への意識です。車にはミラーに映らない死角というものがあります。今は死角を作らないというミラーもあるようですが、後方から一瞬にして死角に入ってくる車両もあります。こうした場合、目視が大切です。車線変更の際の事故で多いのが、この目視を怠った結果によるものと申せましょう。

 

ミラーでの確認だけで車線を変更してしまい、死角に入った車と接触するという場合が多くあります。また、左側への変更の場合は左後方の死角に入ったバイクや自転車などに接触する場合もあります。上手に車線を変更するにはそうした前後左右の状況把握と、ミラーのみではなく目視によって確認することが安全な仕方であると言えましょう。

 

 

 

 

 

E椅子03TCシステム利用するにあたり、必要になるのがETCカードとETC車載機になります。ETCカードはクレジット会社が発行しているのが主で、クレジットカードを発行してもらう時に一緒に申し込んでしまうと手間がかからずに早いです。つまりこの時は高速料金の支払いはクレジット決済になる訳です。

 
次にETC車載機を車に取り付けるのですが、今は純正で付いている車も多い事と思います。そんな方はカードを差し込むだけでETCシステムを利用できます。いま乗っている車にETC車載機が付いていない方はカーショップ等でETC車載機を購入し取り付ける必要があります。しかし、ただ取り付けてカードを差し込んだだけではETCシステムは利用できません。ETC車載機にセットアップと呼ばれる、取り付けた車の情報をETC車載機に登録する必要があるからです。このセットアップはショップに別途料金を支払う事で登録をしてもらえます。この時に車検証が必要になります。

 
昨今はネットなどでETC車載機をセットアップ料込で安く購入する事も可能になっています。しかし取り付けは車に詳しい方でしたら自分で取り付けは出来ると思いますが、一般的にはプロにまかせた方が安心です。センサーの取り付けの仕方が意外と細かい設定になっているからです。いざ高速道路のETCレーンを通過しようとしてもゲートが開かないなんて事もあります。

 

 

 

 

 

椅子02皆さんは雨の日は晴れの日に比べ車の運転の仕方を変えなければいけないことを知っていますか。それは車は人間が運転しているもので、人間の目と感覚が大きく影響してくるからです。

 
車は人間が目で周囲の状況を確認し、アクセルやブレーキ、ハンドルで操作するものですが、天候によってその条件が全く変わります。まず、路面が濡れていると路面とタイヤの摩擦が減り、非常に滑りやすくなります。その為、急ブレーキなどは危険であることはもちろんですが、ハンドル操作にも影響してきます。急にハンドルを切ると、横滑りを起こし、ハンドルが利かなくなることがあるのです。

 
また、視界も悪いので、障害物の発見も遅れがちです。発見が遅くなるので、急に回避することが増え、ますます急ブレーキや急ハンドルの可能性が高まります。その為、危険要素が二倍、三倍になるのです。

 
その為、早めに状況を察知し、早めに操作をし始めることが重要です。要は操作までの時間をかかるようにすればよいわけですから、基本は速度を落とすことです。また、視界の悪い場合には自分が注意するだけでなく、相手からも同様に見えにくいということを考え、ヘッドライトを点灯したりして自分の存在に早めに相手が気づくように工夫することが大切です。

 

 

 

 

 

椅子01高速道路に合流することが出来ないという人は意外と多いものです。怖いのでこの道路は走らないという人もいます。では、どのように合流するのが上手な入り方なのでしょうか。

 
ひとつは、合流車線で十分に加速することです。インターチェンジから合流車線に入ってくる際には、大体時速40kmぐらいの速度ですが、本線は時速80kmから時速100kmぐらいで走っている車が多いので、合流車線に入った時に周りの車の速度を見ながら、アクセルを踏んでこの速度まで上げていくことが大切です。

 
また、あわせてミラーだけでなく目視で周りの車の状況を確認し、合流車線を可能な限りいっぱいに使って合流します。速度が上がりきらないまま合流したり、また早めに合流したりすると、本線の車が驚いて事故を誘発する危険があります。状況にもよりますが、基本的には合流車線をいっぱいに使って合流するのがコツです。また、遠くに見えても本線を走る車は早く近づいてくるので、決して速度が上がらないまま本線に合流するのは避けましょう。

 
合流車線は比較的長いので、通常の車であれば本線を走行する車と同じ速度にすることは十分可能です。慌てずに、落ち着いて合流すれば上手に入ることが出来ます。

 

 

 

 

 

MT車の乗り方

| 未分類 |

MT車は、足元のペダルが3つあり、右からアクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルの順に並んでおり、アクセルとブレーキは右足で操作し、クラッチは左足で操作します。

 
また、ギヤチェンジは手動で行い、ギヤを頻繁に入れ換える事で、加速や減速をして操作します。
シフトレバーは、車種によって1速の位置やバックの位置が異なる事があるので、事前に確認しておきます。
乗り方は、シフトレバーをニュートラルの位置にしてエンジンを始動し、ブレーキを踏みながらクラッチペダルを奥まで踏み込んで、ギヤを1速に入れます。

 
パーキングブレーキを解除して、ブレーキから足を離し、半クラッチ状態を保ちながらアクセルを軽く踏み、エンジン回転数を2000rpm程度をキープしながらクラッチを徐々に離して発進します。

 
エンジンがある程度の回転まできたら、クラッチを一気に踏み、アクセルを戻してギヤを2速に入れ、アクセルを少しだけ踏んでクラッチを徐々に離して、シフトアップの完了となり、3速、4速とシフトアップする場合も同様に行います。
シフトダウンの時もシフトアップと同様に行うのですが、エンジンの回転数が落ちてしまうと、エンジンブレーキが極端にかかってしまいますので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

自動車の運転免許で、一種免許と言われる誰もが持つ、一般にクルマの免許と言われるものは、プロのドライバー(職業ドライバー)が持つ、二種免許とは違い、免許を取ることは比較的簡単です。
教習所(ドライバーズスクール)で技能と講習(実技と学科)を一定時間学び、仮免許を許可されると路上での教習に出ます。

 
この教習で早いか遅いかは上手下手には関係ありません。
ここで、よくある勘違いがあり、順当に仮免許を通過し、早く教習所を卒業し、試験場で学科に合格すると、免許証の交付となるのですが、仮免許で落ちたり、教習の過程で補習を受けたりすれば、免許証交付までに時間が掛かります。
これは、早く免許を取得する人が上手く、遅い人が下手なのではなく、反射神経や運動神経の問題があり、ただ、運動神経や反射神経が良ければ、実際の路上走行で事故をしないとは限りません。

 
運転免許取得に時間を掛けた人より、早く免許取得をした人の方が事故を引き起こす人が多いとのデータが報告されています。
道路上では常に危険と隣り合わせであるため、ハンドルを握ると常に緊張しなければいけません。
ハンドルを握っての過信は禁物です。
結果的に事故を起こさない人や合わない人がテクニックがあると言えるでしょう。