交通事故は交差点の直進車と右折車、信号のない交差点での出会い頭、など様々な状況で起こります。車線変更時の事故というものも大変多い事例と申せましょう。これは、しっかりと前方の状況、後方の状況、さらには車の死角への意識がなされていないことが要因です。高速道路や片側二車線以上の道路を走行している時に車線を変更する場合には自分の車の前後左右の状況をよく把握していなければなりません。

 

まずは前方の車との車間距離と、変更する車線の前方の状況を把握し、次にルームミラーとドアミラーで後方と左右の状況の確認。そして、決して忘れてはならないのは、死角への意識です。車にはミラーに映らない死角というものがあります。今は死角を作らないというミラーもあるようですが、後方から一瞬にして死角に入ってくる車両もあります。こうした場合、目視が大切です。車線変更の際の事故で多いのが、この目視を怠った結果によるものと申せましょう。

 

ミラーでの確認だけで車線を変更してしまい、死角に入った車と接触するという場合が多くあります。また、左側への変更の場合は左後方の死角に入ったバイクや自転車などに接触する場合もあります。上手に車線を変更するにはそうした前後左右の状況把握と、ミラーのみではなく目視によって確認することが安全な仕方であると言えましょう。