MT車の乗り方

| 未分類 |

MT車は、足元のペダルが3つあり、右からアクセルペダル、ブレーキペダル、クラッチペダルの順に並んでおり、アクセルとブレーキは右足で操作し、クラッチは左足で操作します。

 
また、ギヤチェンジは手動で行い、ギヤを頻繁に入れ換える事で、加速や減速をして操作します。
シフトレバーは、車種によって1速の位置やバックの位置が異なる事があるので、事前に確認しておきます。
乗り方は、シフトレバーをニュートラルの位置にしてエンジンを始動し、ブレーキを踏みながらクラッチペダルを奥まで踏み込んで、ギヤを1速に入れます。

 
パーキングブレーキを解除して、ブレーキから足を離し、半クラッチ状態を保ちながらアクセルを軽く踏み、エンジン回転数を2000rpm程度をキープしながらクラッチを徐々に離して発進します。

 
エンジンがある程度の回転まできたら、クラッチを一気に踏み、アクセルを戻してギヤを2速に入れ、アクセルを少しだけ踏んでクラッチを徐々に離して、シフトアップの完了となり、3速、4速とシフトアップする場合も同様に行います。
シフトダウンの時もシフトアップと同様に行うのですが、エンジンの回転数が落ちてしまうと、エンジンブレーキが極端にかかってしまいますので、注意が必要です。